アーカイブ | 11月 2016

  • ゼニカルと禁酒とじゃがいもダイエット

    ゼニカルは世界17ヶ国で利用されている肥満治療薬となっており、世界的な製薬企業によって開発されました。ゼニカルには食事に含まれる脂質の吸収を阻害する効果があるため、手軽に摂取するカロリーを減らすことができます。体重管理薬としての安全性も実証されており、挫折しにくいダイエット法として注目を集めています。食事制限や運動によるダイエットでなかなか成功しないという場合、この薬を試してみると良いでしょう。お酒が大好きな人は多いですし、好きではないけれど付き合いで仕方なく飲んでいるという人もいるかもしれません。しかし、お酒は体重が増えてしまう大きな原因であり、禁酒するだけで痩せられることもあります。カロリーの少ないお酒を選べば良いのではないかと考えている人もいるかもしれませんが、カロリーだけでなくアルコールが含まれていることが問題なのです。アルコールには脂肪の合成を促進する酵素を生みだすという特徴があり、結果として脂肪が肝臓に蓄積されてしまうことになります。脂肪分解機能がしっかり働いていればあまり太ることもないのですが、アルコールを摂取するとそれを肝臓で分解した時に有毒性の高い物質が作られてしまいます。そして、肝臓の細胞に存在するミトコンドリアを破壊してしまうため、アルコールを摂取することで肝臓に脂肪が蓄積されやすくなってしまうのです。じゃがいもを利用したダイエット方法もあります。じゃがいもはご飯の半分以下のカロリーであり、満腹感を得やすいという特徴があります。じゃがいもダイエットを実践したいという場合、食事前にじゃがいもを食べることがポイントです。それによって全体的な食事の量を減らすことができますし、じゃがいもを食べることで健康的にもメリットがあるのです。